2011年06月23日

 乳房 = seno = セーノ。

イタリア語では「おっぱい」のことを「セーノ」と言います。つまり、日本人にとっておなじみのかけ声「せーのっ!」はイタリア人にとっては「おっぱい!」と言っているのです。
 みたいな面白い話がTwitterやTumblrで飛び交っています。
 イタリア語ではおっぱいのことをセーノとゆーらしく、日本人が荷物を持ち上げる度におっぱい!とゆってるのが愉快で仕方がないとゆー話を聞きましたが本当でしょうか?
 というわけで気になって調べてみたところ、本当に「おっぱい」は「セーノ」でした。正確には以下になります。
 乳房 = seno = セーノ。
 ようするにイタリア人(とくに男性)にとっては、日本人女性が「せーの!」と言っているのを聞くたびに公共の場で女性が「おっぱい!」と気合いを入れているように聞こえるわけです。なんて羨ましい。
 そういえばアニメ『化物語』のOP曲、『恋愛サーキュレーション』の最初のかけ声も「せーのっ!」なのでイタリア人にとっては「おっぱい!」。日本の“萌えアニメ”を見ようとしたらいきなり「おっぱい!」と言い出してるわけで、「さすがHENTAIの国!」とか思われてそうでなんか困ります……。
 ちなみにスペイン語でも「おっぱい」のことを「セーノ」と言います。ただしこちらは伸ばす部分がほとんどないのでこんな感じ。
 乳房 = seno = セノ。
 イタリア語と違いスペイン語は中国語、英語、ヒンディー語に次ぐ世界第4位の話者数を持つ言語ですから、世界のいろんなところで日本人が「おっぱい!」と叫んでるんでなあと思うとなんだか幸せな気持ちになれました。
 せーのっ!
http://news.livedoor.com/article/detail/5648967/


posted by 塗 at 01:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。