2011年05月02日

米軍部隊がパキスタンで殺害

米軍部隊がパキスタンで殺害
5月2日 17時33分
アメリカのオバマ大統領は、1日、10年前にアメリカで起きた同時多発テロ事件の首謀者で国際テロ組織アルカイダを率いるオサマ・ビンラディン容疑者を、アメリカの少数部隊がパキスタン国内で殺害したことを明らかにし、テロとの戦いで大きな成果を上げたことを強調しました。
オバマ大統領は、1日午後11時半ごろ(日本時間の2日午後0時半ごろ)、ホワイトハウスで緊急の声明を発表しました。この中で、オバマ大統領は「きょう、私はアメリカと世界の人々にビンラディン容疑者をアメリカによる作戦で殺害したと報告できる」と述べ、アメリカによる作戦でビンラディン容疑者を殺害したことを明らかにしました。また、オバマ大統領は「私が指示を出し、アメリカの少数部隊がパキスタンのアボタバードにあるアルカイダの拠点を攻撃した。銃撃戦の末、ビンラディン容疑者を殺害し、遺体を収容した」と述べ、みずから作戦の許可を与えたことを明らかにしました。さらに、作戦に至った経緯について、オバマ大統領は「去年8月、ビンラディン容疑者の消息につながる情報を得た。情報は不確かなものだったが、先週、作戦を行ううえで必要な情報を確認できた」と述べ、半年余りかけてビンラディン容疑者の潜伏先を確認したうえで、作戦を実施したとしています。一方、アメリカ政府の高官によりますと、今回の作戦については、パキスタンも含め、ほかの国には事前に連絡せず、アメリカが単独で行動したということです。作戦が行われたアボタバードは、首都イスラマバードから北に120キロ余り離れた町で、ビンラディン容疑者が潜伏していた建物は、パキスタン軍の退役軍人らが住む高級住宅街の一角にありましたが、周囲を高さ5メートルもの壁で囲まれ、中の様子が分からない構造になっていたということです。また、作戦は40分ほどで終了し、ビンラディン容疑者のほか、ビンラディン容疑者の息子とみられる男を含む4人を殺害したとしています。ビンラディン容疑者の殺害は、同時多発テロ事件のあと、アメリカが進めてきたテロとの戦いの大きな成果と受け止められていますが、アルカイダは、その後、活動の拠点をイエメンなどアラビア半島に移し、再び活動を活発化させているものとみられ、アメリカ政府は、引き続きテロ対策に万全の体制で臨むとしていますhttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20110502/k10015675181000.html


posted by 塗 at 17:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。