2011年02月17日

“マイお坊さん”が見つかる「仏教人データベース」も登場!進化した仏教メディア『彼岸寺』

「仏女」という言葉が生まれたり、お寺でカフェやイベントが行われるなど、最近はずいぶん仏教が身近になってきた気がします。でも、仏教には宗派もいろいろあるし難しそうで、まだまだ近づき難いという印象は拭えません。仏教に、もう一歩近づきたいと思っても、どうすればいいかわからないですよね。

そんなイメージを払拭してくれるのが、お坊さんたちがプロデュースしている「彼岸寺」というサイト。ここには、お坊さんのブログや連載コラム、ツイッターで質問できるコーナーなど、お坊さんのリアルな姿に接し、仏教を身近に感じることができるコンテンツが盛りだくさん。自分にぴったりの“マイお坊さん”も見つかるかも? この度リニューアルして、さらに面白くなった「彼岸寺」の世界をご案内します。


「彼岸寺」のオススメコンテンツを、編集長の松下弓月さんにお話を聞きながらまとめてみました。

個性豊か!12人の仏教人による連載コラム
まず注目は、連載コーナー。今回のリニューアルで新たに7つの連載が加わり、その数、合計12本。「ITビジネスマンの檀家寺経営奮闘記」「インドでMBA修行中のお坊さんのブログ」「テクノロジーがうみだす宗教の未来を考える」などなど、そのテーマはどれも個性的。お坊さんや仏教ライターさんなど、それぞれの価値観から生み出される言葉の数々は、一読の価値あり。どれも仏教の知識がなくても楽しめる内容になっています。

http://greenz.jp/2011/02/09/higannet/


posted by 塗 at 08:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。