2011年01月21日

117番は時報、119番は消防。では118番は??

 118番は海上保安本部につながる電話番号です。2000年から設置された118番ですが、子どもでも知っている警察の110番の警察、消防の119番に比べて、あまりに知名度が低いのが問題になっています。

 四面環海の日本は海難事故も多く、海難救助は海上保安庁の担当です。にも関わらず、海の事故なのに警察や消防に連絡してしまい、肝心の海保への通報が遅れることが多いそうです。逆に118番にかかってくる電話は、その約99パーセントが間違い電話やイタズラだそうです。

2000年に運用が始まった番号だが、11月末まで10年余りの通報総数のうち、99.3%が間違いや、いたずら電話だった。こうした通報の割合は県警や消防への通報に比べて突出して高く、「救助に支障が出る恐れがある」として、番号の周知に力を入れる。
知ってください「118番」やめてください「いたずら電話」、海上保安庁が周知に力

 ちなみにイタズラの内容は「海でマグロが溺れています」「海にゴジラがでた」などだとか。間違い電話の場合は、海保側が電話にでた途端に切れるものも多いそうです。それでももしかしたら、切迫した事件・事故の通報だったかもしれないので、海保は念のため電話番号や位置情報を調べて折り返し電話しているそうです。

http://d.hatena.ne.jp/zyesuta/20110118/1295362477


posted by 塗 at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。