2010年12月26日

自宅が図書館に…電子書籍、ネットで貸し出し

堺市は来年1月8日から、市立図書館で電子書籍の貸し出しサービスを始める。


 「開館時間には行けない」「自宅から遠い」などの声に応えるサービスで、個人のパソコンからインターネット経由で365日24時間利用できる。市によると、同様のサービスは西日本の公立図書館では初めて。

 貸し出すのは、文芸書やビジネス書など1147タイトル(約2500冊)。文芸書は、太宰治の「人間失格」など著作権保護期間が過ぎた名作が中心となる。

 市立図書館でIDとパスワードを取得した上で、専用ソフトをダウンロードすると、ネットを通じて読むことができる。データのコピーや印刷はできず、2週間の貸し出し期限が来れば自動的に読めなくなる。

 対応するOS(基本ソフトウエア)はウィンドウズのみ。市は「今後、蔵書数や対応機種を増やしたい」としている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20101222-OYT1T01038.htm


posted by 塗 at 14:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。