2008年07月04日

オリンパス、「HAL9000の視界が可能な」全方位動画用カメラを発表

2008070322-2.jpg
オリンパス、「HAL9000の視界が可能な」全方位動画用カメラを発表

オリンパスの未来創造研究所は6月30日、全方位を撮影可能なレンズを搭載したCCD(電荷結合素子)カメラの試作品を発表した。このカメラを使用すれば、360度のパノラマ画像を撮影できる。

この試作品に搭載された「軸対称自由曲面レンズ」は、同社が昨年発表した同レンズの改良版で、直径は約3センチだ。[リリースによると、これまで半球状(水平画角360°垂直画角45°)だった撮影範囲が、全球状(水平画角360°垂直画角180°)になったという。静止画だけでなく、動画も撮影可能。]


【関連する記事】
posted by 塗 at 09:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。