2012年02月17日

The Scale of the Universe

The Scale of the Universe
htwins.net/scale2/
これは、すごいスケールだ



こんな手法があったとは!シンプルな「手のアート」に称賛の声
http://lbq.jp/51730213


電球で光と「音楽」を部屋に。iPhone/iPodから AudioBulb
http://japan.digitaldj-network.com/archives/51961241.html


別に特定の神を信仰してなくとも敬虔な心は持てるよ。
http://ayacnews2nd.com/archives/51906157.html


ありがとうじゃなくて!次降りんの!!!だから!!!
http://ayacnews2nd.com/archives/51906188.html


「おいでよ どうぶつの森」に寄せられたレビューが「いい話」と話題 (Amazonアソシエイト)
http://www.amazon.co.jp/review/R2Q6S26V1RXJPI/?_encoding=UTF8&tag=eig-22&linkCode=ur2&camp=247&creative=7399


信号機を外して円形交差点に 飯田市が市街地に導入検討
02月16日(木)
 飯田市の中心市街地にある信号機付きの交差点について、市が信号機を使わない円形交差点「ラウンドアバウト」を導入する検討を進めていることが15日、分かった。県道と市道が5方向から集まる近くのロータリーで同市などが行ったラウンドアバウトの社会実験を踏まえて新設は可能と判断。県警も前向きに検討している。

 ラウンドアバウトでは、交差点に向かう車両は左折して円形の「環道」に入り、時計回りに走った後、目的地に向けて再び左折して環道を外れる仕組み。社会実験を担当した名古屋大大学院の中村英樹教授(交通工学)は「信号機が撤去されてラウンドアバウトが整備されれば、日本初の画期的な取り組みになる」と話す。

 導入が検討されているのはJR飯田駅の東約300メートルにある「東和町」交差点。市は2009年度から4年計画の市道改良工事に伴い、県道と市道が5方向から集まる変則的な交差点を簡素化する方向を検討。ただ、地元からは従来の使い勝手を踏まえて、できるだけ現在の形を残せないか要望が寄せられていた。

 市は10年度から東和町交差点の東約300メートルにある吾妻町のロータリーで国際交通安全学会(東京)とラウンドアバウトの社会実験を実施。道路標示などを設置して車両がスムーズに流れるか確かめた。この実験を踏まえて市は東和町交差点の在り方を再検討。ラウンドアバウトにすれば5方向からの流入をさばける―と判断した。

 市が今月上旬に地元に説明したところ、前向きな返答を得られた。県からも理解を得たという。市から打診を受けた県警交通規制課は「導入する方向で検討している」と話す。東日本大震災では停電で交通がまひしたことを踏まえて「信号機のない交通は震災にも強い」とみている。

 市地域計画課は「社会実験でラウンドアバウトは安全という知見を得られたのが大きい」と話している。

http://www.shinmai.co.jp/news/20120216/KT120215FTI090028000.html


posted by 塗 at 20:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。