無音の音楽、ジョン・ケージの4分33秒を演奏するオーケストラ

ジョン・ケージが1952年に作曲した「4分33秒」は、全楽章に渡って全く演奏することのない、無音の音楽。
指揮者がタクトを振ることはなく、オーケストラの面々も楽器を用意してはいるものの、吹かず、弾かず、叩かずに、4分33秒後に演奏は終了するのだ。
2個目の動画はピアノのみの4分33秒。3個目の動画は映像なしの場合。
4個目の動画は世界中の人々が演奏する4分33秒の総集編。
http://www.kotaro269.com/archives/51251641.html
posted by 塗 at 16:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。