2011年01月22日

no-title

http://byokanmonday.dev.vc/news/?id=2251


posted by 塗 at 18:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大将日記だよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知的障害の僧侶による即興バンド・ギャーテーズ!その軌跡を追ったドキュメンタリーが公開決定!

[シネマトゥデイ映画ニュース] 知的障害の僧侶たちが組んだバンド・ギャーテーズが2002年に行ったライブをその興奮もそのままにカメラに収めたドキュメンタリー映画『FREAKOUT フリークアウト』が3月5日より公開されることが明らかになった。監督は鬼才・石井輝男監督の愛弟子である矢口将樹が務めている。

 本作の主役となるギャーテーズは、元ロッカーの角田大龍が、1995年に自ら住職を務める静岡県超教派弘願寺の3人の清僧らと組んだ、即興を中心としたアバンギャルド・バンド。清僧というのは知的障害の僧侶であり、その彼らがフロントマンを務めるギャーテーズのライブは、元・裸のラリーズの高橋ヨーカイ、頭脳警察の石塚俊明、フリーキーマシーンの松本ケンゴなど多数のメンバーによって構成された演奏とも相まって大きな話題となった。

 今回のドキュメンタリーでは、2002年、心臓を患った大龍が入院していた3か月に、清僧たちが言い争いをしながらも寺での生活を営んでいく姿から、同年のギャーテーズ復活ライブ当日までの日々を記録している。また、大龍の恩師であり、寺の創設者である韓国人、釋弘元(和上)と大龍の確執を描くことで、日韓日朝問題という歴史的出来事の理解についても迫っており、見どころは十分だ。

 ギャーテーズは本作に記録されたライブの後、大龍が弘願寺を脱退。そのことにより、清僧がメンバーから外れるという事態もあったが、その後、脳性麻痺の詩人・橋本与太郎と知的障害の破壊者・栗田栗蔵の二人をボーカリストとして迎え、活動している。

映画『FREAKOUT フリークアウト』は3月5日より新宿K’s cinemaと渋谷アップリンクにて公開 その後全国順次公開予定

http://www.cinematoday.jp/page/N0029764
posted by 塗 at 09:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光回線、ADSL並み料金「可能」 NTT貸出料改定へ

NTT東西は21日、光ファイバー回線を他の通信会社に貸し出す料金の改定案を、総務省に申請した。来年度からの3年間で3割下げる。総務省は諮問機関の審議を経て、今年度内の認可を目指す。

 NTT東西の発表によると、両社は2011〜13年度の各年度で、東は現在1本あたり月4610円で貸し出している光回線を現行料金比9%、23%、27%ずつ、西は同4932円から3%、7%、31%ずつそれぞれ引き下げる。13年度には東が3380円、西が3426円となる。

 両社は「(他社のサービス料を)ADSL並みの料金にすることが可能になる」とする。高速回線網の普及を目指す総務省の求めに応じた引き下げだが、改定により東西合わせて3年間で計約240億円の減収要因になるという。
http://www.asahi.com/business/update/0121/TKY201101210479.html
posted by 塗 at 08:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

117番は時報、119番は消防。では118番は??

 118番は海上保安本部につながる電話番号です。2000年から設置された118番ですが、子どもでも知っている警察の110番の警察、消防の119番に比べて、あまりに知名度が低いのが問題になっています。

 四面環海の日本は海難事故も多く、海難救助は海上保安庁の担当です。にも関わらず、海の事故なのに警察や消防に連絡してしまい、肝心の海保への通報が遅れることが多いそうです。逆に118番にかかってくる電話は、その約99パーセントが間違い電話やイタズラだそうです。

2000年に運用が始まった番号だが、11月末まで10年余りの通報総数のうち、99.3%が間違いや、いたずら電話だった。こうした通報の割合は県警や消防への通報に比べて突出して高く、「救助に支障が出る恐れがある」として、番号の周知に力を入れる。
知ってください「118番」やめてください「いたずら電話」、海上保安庁が周知に力

 ちなみにイタズラの内容は「海でマグロが溺れています」「海にゴジラがでた」などだとか。間違い電話の場合は、海保側が電話にでた途端に切れるものも多いそうです。それでももしかしたら、切迫した事件・事故の通報だったかもしれないので、海保は念のため電話番号や位置情報を調べて折り返し電話しているそうです。

http://d.hatena.ne.jp/zyesuta/20110118/1295362477
posted by 塗 at 17:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Evaporating Water in -30C in Yellowknife, NWT





posted by 塗 at 09:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

iPhoneのバッテリーで悩んでいる方に朗報!! 風力充電器「iFun」登場!





風さえあれば発電できる。
iPhoneバッテリーの持ちが悪い方に朗報です。

風力発電でiPhoneを充電してしまおうというアタッチメントが開発
されました。開発したのはオランダの方です。さすが風車の国ですね!

写真が↑がそのガジェットで、製品名は「iFan」。風を受けて風車
が回ると電気が起きる仕掛けになっております。

デザインしたのはオランダ人デザイナー、Tjeerd Veenhovenさん。

今まで風力を使った製品の開発を続けてきましたが、思い切り小さくして
何かに使用したいと思ったのが開発のきっかけになりました。

「風を利用した物、というと我々は風車のような大きなものを考えてしま
いがちです。今回のiFanが素晴らしいのはこうした風のエネルギー
を直接、個人的に利用できるということなんです。」


これからの課題
現在のところiFanはまだプロトタイプ。

ファンはコンピュータ用のものを転用し、iPhoneへの取付部分も自
作しました。

インスピレーションだけで制作にはさほど時間はかからなかったとのこ
と。

さて、気になる充電効果の方はといいますと、「強風で6時間」でだいた
い満充電。

そりゃ大変だ! これに関しては本人も「今のところそれは実用的じゃな
いね。ただこれはまだコンセプトモデルなんだ。」とのこと。

現在も発電効率については改良が続けられており、もっと短い時間でも充
電できるようになる……といいですね。

また、彼は自転車のハンドルに取り付けられるバージョンにも取り組んで
おり、これだと安定した充電が可能かもしれません。

イメージとしてはこんな感じですね。



ただし、空気力学というのは非常に厄介なものらしく、小さいファンを通
り抜ける風は非常に奇妙な流れになってしまい、この辺が回転が安定しな
い要因なんだとか。

「とても興味深いんだ!大きい風車だとまったく問題にならないことなん
だけどね。」

コンセプトこそが大事なんだ
というわけでiFanの実用化にはまだ前途多難な感じがしますが、最
後に彼の情熱的なコメントでこのニュースを閉めることにいたしましょ
う。

「素晴らしいコンセプトはデザインにおいて一番大事なことなんだ。それ
をわかってもらうための挑戦だよ。こういうプロダクトや技術は実際には
商品として人々の手には渡らなかったりすることが多いんだけど、良いデ
ザインっていうのははじめはうまくいかないもんさ。それが革新的であれ
ば特にね。」

そんなわけで、近い将来iFanが実際に発売されるまでは、家の庭先
で風を受けて充電するiPhoneを想像して楽しむことにいたしましょ
う。

http://byokanmonday.dev.vc/news/?id=2244
posted by 塗 at 19:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大将日記だよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。