2010年10月27日

1250年ぶり幻の宝剣と判明 東大寺大仏足元出土の2本

 聖武天皇が建立した東大寺(奈良市)の大仏足元から明治時代に出土した国宝の「金銀荘大刀」2本が、約1250年間にわたり行方不明だった宝剣「陽宝剣」「陰宝剣」とエックス線調査で分かり、同寺と調査した元興寺文化財研究所(同市)が25日、発表した。

 光明皇后が天皇の遺品として東大寺に献納後、正倉院から取り出し、埋納したとみられるが、理由は不明。皇后からの献納品目録「国家珍宝帳」の武器リスト筆頭に記した貴重な宝剣で、正倉院研究の上でも画期的史料といえる。

 東大寺と正倉院事務所によると、六百数十点の献納物を記載した国家珍宝帳には、今回の宝剣を含め「除物」の付せんを張ってリストから外した宝物が7件あるが、所在が判明したのは初めて。

 「陽宝剣」と「陰宝剣」は鉄製で、長さはいずれも1メートル弱。さやは木製の漆塗りで金銀の金具で装飾されている。明治末期、作業用の柱を立てるために大仏の台座そばに穴を掘った際、右ひざ近くから出土。同時期に見つかった別の大刀、銀製のつぼ、水晶合子などとともに「東大寺金堂鎮壇具」として1930年に国宝指定された。

http://www.47news.jp/CN/201010/CN2010102501000463.html


posted by 塗 at 09:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。