2010年01月22日

ヒラメ・カレイ、目の偏りは脳のねじれから

 「左ヒラメに右カレイ」という目の偏りは、脳のねじれから始まること
を、鈴木徹・東北大農学研究科教授(魚類発生学)らが突き止めた。

 ねじれる方向を制御する遺伝子も特定した。人工飼育では目の位置が本
来と逆になることも多く、養殖技術を改良する手がかりにもなりそうだ。


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100118-OYT1T00767.htm


posted by 塗 at 08:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大将日記だよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JALが会社更生法適用を申請、事業会社で戦後最大の破たん

 負債総額は2兆3221億円となり、事業会社としては戦後最大、負債
の多い金融業を含めると戦後4番目の大規模経営破たんとなる。

 更生法を申請したのは、日本航空と子会社の日本航空インターナショナ
ル、JALキャピタルの3社。事業会社としては2000年のそごうの1
兆8700億円を抜く負債総額となる。1951年に設立され1987年
に完全民営化した、日本のフラッグキャリアが事実上国の管理下に入る。
国内大手航空会社としては初の破たんとなる。


http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-13407020100119
posted by 塗 at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大将日記だよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フランスの「スパイダーマン」、次の狙いはブルジュ・ドバイ

 ロベールさんは、「やらなければならない。恐らく2011年の1
月から4月の間ぐらいになるだろう」「ドバイの人びとは(自分が
ブルジュ・ドバイを登る姿を見ることに)興味をもっている」と語ってい
る。

 ロベールさんのウェブサイトによると、ロベールさんはこれまで、米国
のエンパイア・ステート・ビル(Empire State Building)やウィ
リスタワー(Willis Tower、旧シアーズタワー、Sears
Tower)、台湾の台北101(Taipei 101)に登ってきた。

 ロベールさんは、中東の暑さのためブルジュ・ドバイ登頂は厳しいもの
になるだろうと見通しを示している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2684376/5197433
posted by 塗 at 05:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大将日記だよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。