2008年10月04日

うみしめ〜

文化が違いすぎる?「マサイ族」のためのロンドン旅行ガイドブック

あまりの人の多さ、そして人々が至るところで急いでいるように見えて、驚くかもしれません。

時折しかめっ面をしているイギリス人を見るでしょうが、彼らは会社というところに行き、楽しいと思えない仕事をしているために笑えなくなっているだけで、本当はフレンドリーなのです。

太陽を目安にしても時間は正確にわかりません。時計というものを使うようにしてください。日の出・日の入りは違う時刻です。

タンザニアではつばを吐くことは許されますが、イギリスでは受け入れられていません。もしどうしても必要なら、洗面所でするか、木のそばに行って誰も見ていないときにしてください。

もよおしたときは木や藪ではなく、公共のトイレを使ってください。

たとえばブレスレットなど他人が付けているものを気に入っても、それを取って装着してみることはイギリス人にとっては普通ではありません。

もし泥棒を発見し、その泥棒を追いかけ捕まえたときに相手を傷つけてしまうと、泥棒といっしょに刑務所に入ることになってしまいます。

マサイ族の槍や盾はマラソンでは許可されていますが、観光時には持ち歩かないでください。

野原などで動物を見かけて周りに誰もいなくても、それは他人の所有物だということを忘れないようにしてください。

多く人々が小さな服を着ており、寒いかもしれないとか、無礼だと疑問に思うかもしれません。

イギリスでは夕方でも明るいことは普通です。ただし体の部分によっては見せてはいけない部分があり、ブランケットを身に着けるときには、下着をはくことは重要です。

イギリスの人々はナイフ・フォーク・スプーンを使って食事をします。スプーンやフォークのみだとか、手を使いたい場合はどうぞ。

イギリスではかなり多くの人がお酒を飲みます。バーや家やクラブなので飲みますが、マサイパーティみたいなものです。

イギリス人がお酒を飲むときは少し人が変わったようになりますが、きっとマサイへ訪問したイギリス人を見て経験済みでしょう。


人間投石機



三菱化学、3.5インチフロッピーの販売を終了
5インチや8インチ使ってたなー

民主、首相に「政教分離」ただす 公明・創価学会念頭に

Youtube, Now in Super HD
上のplayを押します
どーでもいいけど、何故リックアストリー

‘Second Lives’ at the Museum of Arts and Design

史上最大1300万けたの素数発見 UCLA
インターネットを活用したプロジェクトの「GIMPS(Great Internet Mersenne Prime Search)」で実行され、世界で数千人が参加して、未使用時のコンピューターをインターネットで結んで膨大な計算を処理していた。
UCLAは学内の「Windows XP」搭載コンピューター75台でGIMPSと連携、8月に今回の素数を発見した。別のコンピューターを使って違う計算方法でも確認したという。

新型DS「ニンテンドーDSi(ディーエスアイ)」、11月1日発売
posted by 塗 at 13:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。